いしもと小児科医院

いしもと小児科だより7月号

2016-07-01

夏かぜがが流行しています!!

ヘルパンギーナ、アデノウィルス感染症(プール熱)

手足口病、ウィルス性胃腸炎が流行しています!

○ヘルパンギーナ

38~40℃の熱が2~3日続く

のどの奥に水ぶくれができて痛くて食べれなくなります。

水分も取れなくなって脱水症になる事があります。


○プール熱(咽頭結膜熱)

39~40℃の熱が4~5日続き、のどの痛み、目の充血があります。

さらには頭痛、はき気、下痢を伴うこともあります。

アデノウィルスが原因です。


○手足口病

手のひら、足の裏、口の中に小さな水ぶくれできる病気です。

おしりやひざにできる事もあり、乳幼児間で流行し、何度もかかる事もあります。


これらの病気は、抗生剤が効きません!

症状に合わせて熱やのどの痛みをおさえる薬を処方します。

熱が続いたり、水分がとれずぐったりしている時は、もう一度受診してください。

いしもと小児科だより平成28年7月号

         
Copyright© 2012 八女市の小児科 いしもと小児科医院[予防接種,乳幼児健診.子育ての悩み相談なども承ります。] All Rights Reserved.